マイアミ日本商工会


2019年November18日(Mon) 22:53 EST

記事を友だちにメール 印刷用ページ

第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票の実施について

コミュニティー第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票が以下のとおり行われます。

1.選挙の日程
○ 公示日               :令和元年 7月 4日(木)
○ 在外公館投票の開始日 :令和元年 7月 5日(金)
○ 日本国内の投票日   :令和元年 7月21日(日)

2.投票できる方
在外選挙人証をお持ちの方
在外選挙人証は申請に基づいて交付されます。
◎申請手続きについて知りたい方は→https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/flow.html

3.投票方法       
「在外公館投票」「郵便等投票」「日本国内における投票」のうちのいずれかを選択して投票することができます。
◎あなたにあった投票方法を知るには
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/vote.html

○在外公館投票
投票期日:7月5日(金)から
在マイアミ日本国総領事館の投票期間は、7月5日(金)~7月14日(日)です。
*投票終了日は公館によって異なりますので、投票する在外公館にご確認下さい。在外公館投票実施公館の投票期間一覧はこちら→https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/ov/page3_000718.html
投票時間:午前9時30分から午後5時まで
投票場所:在外公館投票を実施する日本国大使館、総領事館及び領事事務所(https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/ov/page3_000718.htmlなど
持参すべき書類:(1)在外選挙人証 (2)旅券等の身分証明書

○在マイアミ日本国総領事館における在外公館投票
・投票期日:7月5日(金)から7月14日(日)
・投票時間:午前9時30分から午後5時まで
・投票場所:在マイアミ総領事館の多目的ホール(Brickell City Towerの32階)
    Brickell City Tower, Suite 3200,
        80 S.W. 8th Street, Miami, FL 33130
・持参すべき書類:(1)在外選挙人証、(2)旅券等の身分証明
※7月6日(土)、7月7日(日)、7月13日(土)、7月14日(日)は当館入居ビルの警備上の理由により、ビル内の駐車場から建物内にアクセスすることが出来ませんので、周辺駐車場をご利用の上、当館ビル正面玄関までお越し下さい。1階ロビーに配置している警備員が、ロビーから当館事務所(32階)までご案内致しますので、同警備員に投票に来た旨をお伝え下さい

○郵便等投票
請求手続:登録されている選挙管理委員会に,請求書および在外選挙人証を送付します。
請求書は,在外選挙人証とともにお配りした「在外投票の手引き」からコピーするか、外務省ホームページ(https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/shinseisyo.html)からダウンロードしてください
投票手続:選挙管理委員会から送られてきた投票用紙に記入し,国内投票日の7月21日(日)の投票所閉鎖時刻(原則午後8時)までに,選挙管理委員会に届くよう郵送します。

○日本国内における投票
一時帰国した場合や,帰国後,国内の選挙人名簿に登録されるまでの間(転入届提出後3か月間)は,在外選挙人証を提示して,下記(1)~(3)のいずれかの方法で投票できます。 

【公示日の翌日から国内投票日の前日まで】 
(1)期日前投票
 登録先の市区町村選挙管理委員会が指定した期日前投票所における投票。
(2)不在者投票
 在外選挙人名簿登録地以外の市区町村における投票。 
【国内投票日当日】
(3)投票所における投票
登録先の選挙管理委員会が指定した投票所における投票。 

日本国内における投票の詳細については,登録先の市区町村選挙管理委員会にお問い合わせください。 


4.選挙公報・候補者情報
○公示後,選挙公報が各選挙管理委員会のホームページ(http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/links/senkan/index.htmlに掲載されています。
○候補者情報は、こちら→http://www.soumu.go.jp/senkyo/25hce/index.html

5.その他
○平成27年の公職選挙法改正により,「鳥取県及び島根県」,「徳島県及び高知県」はそれぞれ二つの県を一つの選挙区とする合区に変更されていますので,投票に際して御注意ください。

・参議院選挙区の区割りの改訂等について(総務省ホームページ)http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/senkyo/san_gouku/


【問い合わせ先】 
在マイアミ日本国総領事館
Consulate General of Japan in Miami
80 S.W. 8th Street, Suite 3200, Miami, FL 33130
電話:305-530-9090 FAX:305-530-0950 
ホームページ:http://www.miami.us.emb-japan.go.jp
記事を友だちにメール 印刷用ページ

第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票の実施について

コミュニティー第25回参議院議員通常選挙に伴う在外投票が以下のとおり行われる予定です。

1.選挙の日程
○ 公示日              :令和元年 7月 4日(木)(予定)
○ 在外公館投票の開始日 :令和元年 7月 5日(金)(予定)
○ 日本国内の投票日   :令和元年 7月21日(日)(予定)

2.投票できる方
在外選挙人証をお持ちの方
在外選挙人証は申請に基づいて交付されます。
◎申請手続きについて知りたい方はこちら
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/flow.html

3.投票方法       
「在外公館投票」「郵便等投票」「日本国内における投票」のうちのいずれかを選択して投票することができます。
◎あなたにあった投票方法を知るにはこちら
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/vote.html

○ 在外公館投票  
投票期日:7月5日(金)から (予定)
*公館によって投票終了日が異なりますので,事前に在外公館にご確認ください。
在マイアミ日本国総領事館の投票期間は、7月5日(金)~7月14日(日)(予定)です。
投票時間:午前9時30分から午後5時まで(予定)
投票場所:在外公館投票を実施する日本国大使館、総領事館及び領事事務所(https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/ov/page3_000718.htmlなど
持参すべき書類:(1)在外選挙人証 (2)旅券等の身分証明書

○在マイアミ日本国総領事館における在外公館投票  
・投票期日:7月5日(金)から7月14日(日)(予定)
・投票時間:午前9時30分から午後5時まで(予定)
・投票場所:在マイアミ総領事館の多目的ホール(Brickell City Towerの32階)
   Brickell City Tower, Suite 3200,
         80 S.W. 8th Street, Miami, FL 33130
・持参すべき書類:(1)在外選挙人証、(2)旅券等の身分証明
※7月6日(土)、7月7日(日)、7月13日(土)、7月14日(日)は当館入居ビルの警備上の理由により、ビル内の駐車場から建物内にアクセスすることが出来ませんので、周辺駐車場をご利用の上、当館ビル正面玄関までお越し下さい。1階ロビーに配置している警備員が、ロビーから当館事務所(32階)までご案内致しますので、同警備員に投票に来た旨をお伝え下さい

 ○郵便等投票   
請求手続:登録されている選挙管理委員会に,請求書および在外選挙人証を送付します。
請求書は,在外選挙人証とともにお配りした「在外投票の手引き」からコピーするか、外務省ホームページ
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/shinseisyo.html
からダウンロードしてください。
投票手続:選挙管理委員会から送られてきた投票用紙に記入し,国内投票日の7月21日(日)(予定)の投票所閉鎖時刻(原則午後8時)までに,選挙管理委員会に届くよう郵送します。

○日本国内における投票   
一時帰国した場合や,帰国後,国内の選挙人名簿に登録されるまでの間(転入届提出後3か月間)は,在外選挙人証を提示して,下記(1)~(3)のいずれかの方法で投票できます。 

【公示日の翌日から国内投票日の前日まで】 
(1)期日前投票
 登録先の市区町村選挙管理委員会が指定した期日前投票所における投票。
(2)不在者投票
 在外選挙人名簿登録地以外の市区町村における投票。 
【国内投票日当日】
(3)投票所における投票
登録先の選挙管理委員会が指定した投票所における投票。 

日本国内における投票の詳細については,登録先の市区町村選挙管理委員会にお問い合わせください。 

4.選挙公報・候補者情報
○公示後,選挙公報が各選挙管理委員会のホームページに掲載される予定です。外務省ホームページにもリンクを設けます。
○候補者情報についても,公示後,リンクを設けますのでご利用ください。

5.その他
※平成27年の公職選挙法改正により,「鳥取県及び島根県」,「徳島県及び高知県」はそれぞれ二つの県を一つの選挙区とする合区に変更されていますので,投票に際して御注意ください。

・参議院選挙区の区割りの改訂等について(総務省ホームページへ
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/senkyo/san_gouku/


【問い合わせ先】 
在マイアミ日本国総領事館
Consulate General of Japan in Miami
80 S.W. 8th Street, Suite 3200, Miami, FL 33130
電話:305-530-9090 FAX:305-530-0950 
ホームページ:http://www.miami.us.emb-japan.go.jp
記事を友だちにメール 印刷用ページ

【広域情報】台風シーズンに際しての注意喚起

コミュニティー【ポイント】
●日本海,北西太平洋および南シナ海等に面する国・地域においては,毎年6月から11月頃まで台風シーズンとなっているため,関連の情報には十分注意してください。 

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2019C072.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは在留届を提出した方と「たびレジ」に登録した方に、配信しています。

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国、移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください

〔お問合わせ先〕
外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
〒100 - 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902
記事を友だちにメール 印刷用ページ

リマインド 【JBAMより】【確認し次第返信をお願いします】緊急連絡訓練

コミュニティー会員各位 

いつもお世話になっております。

本メールは昨日以降ご返信を頂いていない会員様にお送りしています。 
昨日、当方より緊急連絡訓練開始のご連絡を差し上げました。本訓練はマイアミ総領事館と 
合同で実施しており、昨日昼の12時に開始しております。また、実施要領に記載しましたとおり、 
開始後2時間後、および24時間後に総領事館に状況報告することとなっています。 

皆様におかれましては本趣旨をご理解頂いて参加をお願いしたく、何卒よろしくお願いいたします。 
今一度回答依頼事項を下記にお示しいたしますので、ご回答の程、どうぞよろしくお願いいたします。

【回答依頼事項】 
1. 安否確認 
安否、所在について下記からお選びください。 
 ・フロリダ州内 
 ・米国内かつフロリダ州外→現在滞在中の州名を記載ください 
 ・米国外→現在滞在中の国名を記載ください  
 ・安否不明 

2. 被害状況 
被害状況について下記からお選びください。 
 ・被害なし 
 ・人的被害あり→被害状況を記載ください 
 ・物的被害あり→被害状況を記載ください 

何か不明点などありましたらご連絡ください。 

以上、よろしくお願いいたします。 

JBAM総務
記事を友だちにメール 印刷用ページ

【JBAMより】【要返信】緊急連絡訓練

コミュニティー会員各位 

お世話になっております。

先日ご案内したとおり、緊急連絡訓練が先ほど開始されました。下記伝達事項をお読み取り頂き、確認され次第速やかに以下の回答依頼事項についてご回答をお願いいたします。なお、団体会員様に置かれましては、本メールは代表者様のみに送付しております。返信は各団体の名簿に記載されている皆様全員の安否、被害状況をまずご確認頂き、その結果をご報告くださいますようお願いいたします。 

【伝達内容】 
訓練です。 
ハリケーン『ウィリアム』により州内各地で大きな被害が発生したことを想定し、マイアミ総領事館と合同で、皆さんの安否確認と情報伝達の訓練を実施しています。 
ご自身・家族の所在や安否について、緊急連絡網に基づき各責任者に報告(例:州内滞在中、国外旅行中、日本帰国中、等)してください。 
また、この訓練機会に、連絡網にある自身の住所、電話番号、メールアドレス等に変更がないかあらためて確認いただき、変更があれば同様に報告してください。

【回答依頼事項】 
1. 安否確認 
安否、所在について下記からお選びください。 
 ・フロリダ州内 
 ・米国内かつフロリダ州外→現在滞在中の州名を記載ください 
 ・米国外→現在滞在中の国名を記載ください  
 ・安否不明 

2. 被害状況 
被害状況について下記からお選びください。 
 ・被害なし 
 ・人的被害あり→被害状況を記載ください 
 ・物的被害あり→被害状況を記載ください 

以上、よろしくお願いいたします。 

JBAM総務
記事を友だちにメール 印刷用ページ

2019年ハリケーン・シーズンの見通し

コミュニティー● 米国気象当局は、今年のハリケーン・シーズンについて、「平年並」と発表しました(参考:2018年、2017年は「平年以上」)。今シーズン中、命名される熱帯暴風雨が9~15個発生し、そのうち4~8個がハリケーン(カテゴリー3以上の重大ハリケーン2~4個を含む)となる見通しです。
● これを受け、米国連邦緊急事態管理庁は、ハリケーンへの備えを呼び掛けています。
● ハリケーン・シーズンとされる6月頃から11月頃までは、当館ホームページに掲載の「ハリケーン対策」等をご参照いただき、日頃から最新の気象情報を確認し、発生時には冷静・安全に、また余裕を持って避難できるようあらかじめ準備してください。

1.5月23日、米国国立海洋大気庁(NOAA, National Oceanic and Atmospheric Administration)の気候予報センター(Climate Prediction Center)は、今年6月1日から11月30日までのハリケーン・シーズン予報に関して、
● 「平年並」の可能性は40%(昨年:35%)、「平年以上」の可能性は30%(同40%)、「平年以下」の可能性は30%(同25%)である。
● 今シーズン中、命名される熱帯暴風雨(最大風速39mph以上)が9~15個発生する確率が70%、うち4~8個がハリケーン(最大風速74mph以上)となり、更にそのうち2~4個は重大ハリケーン(最大風速111mph以上:カテゴリー3~5レベル)に発達する。
 との見通しを発表しました(シーズンのピーク直前期8月初旬に予報を更新予定)。

※ 【平年基準】
   シーズンを通じて命名される熱帯暴風雨が12個発生、うち6個がハリケーンとなり、更にそのうち3個が重大ハリケーンに発達する状況。
※ 【参考】
   昨シーズンは、命名された熱帯暴風雨が16個発生し、うち8個がハリケーンとなり、更にそのうち2個が重大ハリケーンに発達。また、熱帯暴風雨2個と重大ハリケーン1個がフロリダ州に接近・上陸し、特に、10月に発生した重大ハリケーン「マイケル」は、パンハンドル地域上陸時に最大風速158.7mph、最大高潮4.74mに達到達。これにより多くの家屋が崩壊し、倒木による死者2名、溺死者5名の計7名が犠牲となるなど甚大な被害をもたらした。なお今年は、既に5月下旬、亜熱帯暴風雨「アンドレア」が発生し、2015年以降、5年連続で5月中までに熱帯暴風雨が発生。

2.同庁の発表によると、上記見通しは、
● 熱帯大西洋からカリブ海域の海面水温が平均以上に高いことに加え、西アフリカのモンスーン(季節風)が強いとの予測から、ハリケーンが発達しやすい。
● 一方で、現在も続くエルニーニョ現象(長期に及ぶ海面水温の上昇)が、今年のハリケーン・シーズンの活発化を抑制すると考えられる。
 との予測・原因が反映されたものです。

※ 【補足】
   一般的に、海面水温が温暖であれば、ハリケーンは移動しながら発達するが、大西洋海域においては、エルニーニョ現象や強いウインドシア(気流の状態)の影響を受けた場合、ハリケーンの成長が抑制される。

  今シーズンの予報を受け、米国連邦緊急事態管理庁(FEMA, Federal Emergency Management Agency)では、主に、
● たった1つのハリケーンが街を崩壊させうることから、被災に備え十分な保険に加入し、有事の通信手段を確認し、あらかじめ避難計画を立てましょう。
● 常に最新情報を確認するとともに、気象アプリ等を通じて警報等が受信できる準備をしましょう。
 と注意を促しています。

3.以上を踏まえ、ハリケーンに関するその他の情報は、当館ホームページ(URL:https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/b_000264.html)もご参照ください。同HPでは、最新情報の入手先や対応時の留意事項について案内していますので、日頃からの備えとして、また有事の際にはテレビ・ラジオ等の情報と併せてご活用ください。
  また、ハリケーン発生が予想される場合、当地への渡航は延期し、滞在中の方は進路・勢力に応じて安全な地域に避難するなど対処してください。ハリケーン接近直前になってからの避難は、空港の閉鎖や道路の大渋滞に巻き込まれる可能性が極めて高くなります。いざという時に速やかに避難できるよう、日頃から、懐中電灯、携帯電話等の充電池、スマートフォン・ラジオ等の情報端末、家族用の飲料水・食料も準備しておきましょう(詳細は当館HPのチェックリストをご活用下さい)。

【在マイアミ日本国総領事館】
Consulate General of Japan in Miami
 80 S.W. 8th Street, Suite 3200, Miami, FL 33130
 電話:305-530-9090 FAX:305-530-0950
 ホームページ:http://www.miami.us.emb-japan.go.jp
記事を友だちにメール 印刷用ページ

【JBAMより】【情報共有】ハリケーン見通し

コミュニティーJBAM会員各位 

いつもお世話になっております。 

表題の件、在マイアミ総領事館より今年のハリケーン見通しについての情報を頂きましたので共有いたします。ご確認のほどお願いいたします。 
なお、本情報は在マイアミ総領事館ホームページにも記載されるとのことです。 

あわせて、先日ご連絡、参加のお願いを致しました情報伝達訓練については予定通り6月10日に実施いたします。連絡網に記載がある方は今一度ご確認のほどお願い申し上げます。 

以上、よろしくお願いいたします。 

JBAM総務
記事を友だちにメール 印刷用ページ

【広域情報】ハリケーン・シーズンに際しての注意喚起

コミュニティー【ポイント】
●北米(太平洋・大西洋沿岸地域及び南部地域),及び中南米(カリブ海沿岸地域)においては,毎年6月から11月頃までがハリケーン・シーズンとなっているため,関連の情報には十分留意してください。 

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2019C063.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは在留届を提出した方と「たびレジ」に登録した方に、配信しています。

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国、移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください

〔お問合わせ先〕
外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
〒100 - 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902
記事を友だちにメール 印刷用ページ

【JBAMより】令和元年JBAM緊急連絡訓練実施について(6月10日(月))

コミュニティーJBAM会員各位 

平素よりお世話になっております。 

早速ですが、在マイアミ総領事館の要請により、本年も例年通り緊急連絡訓練を6月10日(月)に実施することとなりました。今回の訓練も今まで同様会員各位のご賛同を得まして無事完了させたいと考えておりますので、趣旨をご理解頂き、是非ともご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。 

訓練概要は下記となります。 

【日時】 
6月10日(月)(開始時間は不明) 

【訓練方法】 
メールを使用した安否確認(昨年と異なる点です。) 

【要領】 
訓練日当日にJBAM緊急連絡網ツリー上位に位置している幹事からメールで安否確認のメールが発信されますので、それに返信する、もしくは電話するなどで状況報告をして頂きます。 

その他、詳細は添付いたします「2019年JBAM緊急連絡訓練 実施要領」を参照ください。 

あわせて、会員名簿・緊急連絡網の最新版を送付いたします。今一度内容をご確認頂き誤記入など訂正すべき内容がありましたらお手数ですが柏倉までご連絡をお願いいたします。 
ファイルにはパスワードが設定されていますので、本メールの後に送信します別メールにてパスワードをご連絡いたします。 

最後に、在マイアミ総領事館から頂戴した訓練要請を添付いたします。内容をお読み取りくださいますようお願いいたします。 

本訓練に関し、不明点などありましたら総務担当幹事の柏倉までご連絡ください。 

以上、よろしくお願いいたします。 

JBAM総務担当
記事を友だちにメール 印刷用ページ

メモリアル・デーに伴う治安悪化と注意事項

コミュニティー● 今週末から5月27日(月)のメモリアル・デー(Memorial Day)にかけて、若者や観光客でにぎわうマイアミ・ビーチ周辺をはじめ、各都市のダウンタウン等では、夜通し各種イベントが予定され、治安への悪影響が懸念されます。
● 繁華街の飲食店やビーチ等では、大音量の音楽や飲酒を楽しむために大勢が集まり、酔った者同士や通行人との間でトラブルが予想されます。近年、同記念日に伴う騒ぎで逮捕者や死者が出ており、窃盗・強盗被害等も普段より多発しています。警察はこれら事態に備え警戒を強化し、今週末は交通検問や規制も実施される予定です
● 近年、世界的に、不特定多数が集まり警備が薄い場所は、無差別テロのターゲットになる可能性が潜んでいます。
以上を踏まえ、身の安全を確保して被害を防止するためには、犯罪リスクが高い夜間外出や、混雑した場所への立ち寄りを控えるなど、慎重な行動に心がけてください。

1.5月27日(月)のメモリアル・デー(Memorial Day)は、本来、建国や国のために犠牲となった人々に祈りを捧げるための祝日ですが、近年では、酒に酔った若者等が騒ぎを起こして警察が出動するケースが目立ちます。今週末から28日未明にかけて、若者や観光客でにぎわうマイアミ・ビーチ周辺や各都市のダウンタウンを中心に、パーティや音楽ライブ等の夜通しのイベントが開催予定であり、飲酒に絡む客同士や通行人を巻き込んでのトラブルや、グループ間の喧嘩等、治安への悪影響が懸念されます。
また、大勢の人々が行き交い混雑する場所では、窃盗・強盗被害のリスクも高まることから注意が必要です。実際に、4~5月にかけての日本の大型連休期間中には、多くの邦人旅行者がマイアミやオーランドを訪れましたが、報告がある限りだけでも、旅券を含む財布やカバンの盗難被害が複数発生しました。

2.マイアミ・ビーチへのアクセスに関しては、現在、I-395号の工事に伴い渋滞が悪化しています。加えて、マイアミ・ビーチ市警察は、5月25日(土)から28日(月)までの間、通行車両の検問を予定しているため、更なる混雑が予想されます。また、サウス・ビーチ周辺では、大規模な一方通行規制が実施される予定です。
治安対策としては、警察官500人以上を動員する厳重な警戒態勢が敷かれると発表されています。昨年までも、深夜・早朝に至る車両・人の混雑、暴力行為、更には交通トラブルに起因する銃器を用いた殺人事件(犯人は警察による追跡を受け射殺)等が多発し、過去、逮捕者が100人以上に至った年もあることから、治安当局は、年々、警戒を強化しています。

3.近年の世界におけるテロの傾向として、不特定多数の人が集まり警備に限界がある場所において、犯人が銃器や刃物、車両を使用して無差別に殺傷する事件が発生しています。フロリダ州では、3年前にオーランド市内のナイトクラブにおいて、男が銃を乱射して100人以上が死傷する大惨事が発生しました。酒に酔った無防備な人々が大勢集まる場所は、テロのターゲットになりうる可能性があります。

4.犯罪リスクが高い不用意な夜間外出や、騒がしく混雑した場所への立ち寄りを控えるなど、慎重な行動を心がけてください。また、トラブルが発生している現場は二次被害に巻き込まれる可能性もあるため、興味本位で安易に近づかず、仮に居合わせた場合も野次馬に加わり当事者を刺激しないよう、速やかにその場から離れ、対応に当たる警察官の指示には素直に従ってください。
  お出かけの際は、ご自身・家族の被害防止のため、以上の点に留意しながら慎重な行動に心がけ、安全かつ有意義にお過ごし下さい。

 【在マイアミ日本国総領事館】
 Consulate General of Japan in Miami
 80 S.W. 8th Street, Suite 3200, Miami, FL 33130
 電話:305-530-9090 FAX:305-530-0950
 ホームページ:http://www.miami.us.emb-japan.go.jp