マイアミ日本商工会


2021年January18日(Mon) 12:02 EST

自主隔離期間に関するCDCの新たな指針

コミュニティー1.12月2日(水)、米国疾病予防管理センター(CDC)は、新型コロナウイルスの濃厚接触者や旅行後の自主隔離期間に関し、新たな指針を発表しました。主な内容は以下のとおりです。

(1)CDCは、新型コロナウイルスに曝露した者の自主隔離期間として、引き続き「曝露後14日間」を最善の方法として推奨するが、新たな研究・分析結果を踏まえた許容できる代替オプションとして、以下を推奨することとした。
・検査を受けず無症状である場合:10日間
・検査で陰性を確認し無症状である場合:7日間
自主隔離終了後も、曝露から14日間はCOVID-19の発症がないか、よく自己観察を行い、仮に発症があれば、直ちに自主隔離し、地域の公衆衛生当局や医療機関に連絡すべきである。

(2)これら代替オプションは全米の公衆衛生当局に向けたものであり、(州・地方の)各当局は、地域の状況と必要性に応じ、管轄地域における自主隔離期間を決定すべきである。自主隔離を要する者は、居住地を管轄する公衆衛生当局(your local public health department)の指針に従うこと。

2 .  上記1.に伴い、CDCが推奨する旅行後(米国入国後)の自主隔離期間についても、以下のとおり情報が更新されています。
(更新前)「旅行後に検査を受けない場合は、14日間は自宅待機する」
(更新後)「旅行後に検査を受けない場合は、10日間は自宅待機する」

3.上記1.にもあるとおり、CDCは、州・地方政府(郡、市など)が適用する関連措置を遵守するよう呼びかけており、今回のCDC発表に伴い、各州・地方政府の措置にも変更が生じる可能性も想定されますので、今後、国外・他州への訪問や国外・他州からの来訪を予定されている場合は、訪問先やお戻り後の滞在地を管轄する州・地方政府の最新措置をご確認ください。

《本件に関するCDCの情報》
◎CDC会見記録(12月2日)
https://www.cdc.gov/media/releases/2020/t1202-covid-19-telebriefing.html
◎CDC: When to Quarantine(12月2日更新)
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/if-you-are-sick/quarantine.html
◎CDC: After You Travel Internationally(12月2日付):本ページの日本語版は、現時点で今回の発表が反映されていません。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/after-travel-precautions.html
◎11月25日付領事メール(CDCによる旅行前後の検査等の推奨)
https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/files/100119158.pdf

《フロリダ州の情報》フロリダ州については、現時点で今回の発表に係る変更はありません。
◎Florida Health
https://floridahealthcovid19.gov/travelers/  

《郡及び主要市町村の情報》以下の当館HPもご利用下さい。
◎州内の郡の情報
https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/files/100038918.pdf
◎州内主要市町村の情報
https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/files/100038904.pdf

******************************
【在マイアミ日本国総領事館】
Consulate General of Japan in Miami

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://www.jbamiami.org/trackback.php?id=20201208061729767

この記事にはトラックバック・コメントがありません。
自主隔離期間に関するCDCの新たな指針 | 0 コメント | アカウントの登録
以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。