マイアミ日本商工会


2019年November18日(Mon) 22:53 EST

米国気象当局によるハリケーン・シーズンの見通し(更新)

コミュニティー● 米国気象当局は、今月、例年11月中まで続く今年のハリケーン・シーズンについて、当初の見通し(5月発表)と比較して、今後発生するハリケーンの件数が若干増加する可能性について発表しました。
● これは、通常、大西洋上においてハリケーンの活動を抑制するエルニーニョ現象が解消されたためであり、今後、ハリケーン・シーズンが活発化すると分析されています。
● 今年以降、既に命名された暴風雨が2件発生(年間10~17件発生の見通し)していますが、当局では、今後、シーズンを通じて暴風雨より威力の強いハリケーンが5~9件発生するとの新たな見通しを示しています。
● 在留邦人及び旅行者の皆様におかれましては、当館ホームページ「ハリケーン対策」等をご参照いただき、引き続きいざという時の避難に必要な備えに心がけてください。


【在マイアミ日本国総領事館】
Consulate General of Japan in Miami
 80 S.W. 8th Street, Suite 3200, Miami, FL 33130
 電話:305-530-9090 FAX:305-530-0950
 ホームページ:http://www.miami.us.emb-japan.go.jp

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://www.jbamiami.org/trackback.php?id=20190816192932951

この記事にはトラックバック・コメントがありません。
米国気象当局によるハリケーン・シーズンの見通し(更新) | 0 コメント | アカウントの登録
以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。