マイアミ日本商工会


2019年September16日(Mon) 11:09 EDT

マイアミ日本商工会 JBAM

入会申し込みに関して
入会/退会届けフォーム
 

記事を友だちにメール 印刷用ページ

【JBAMより】【情報共有】熱帯暴風雨のフロリダ半島接近

コミュニティー

JBAM会員各位

いつもお世話になっております。

早速ですが、マイアミ総領事館より表題の注意喚起を頂きましたので転送いたします。
今週末にかけて熱帯暴風雨がフロリダ半島に接近するとの気象予報となっております。
特にお出かけをご予定の方は最新の気象予報の入手に努めて頂きますようお願いいたします。

JBAM総務

 

 

 

記事を友だちにメール 印刷用ページ

【JBAMより】8月度定例幹事会議事録/補習校バザー開催

コミュニティーJBAM会員各位

平素より大変お世話になっております。

表題の件、2点についてご報告、ご連絡申し上げます。

1. 8月度定例幹事会議事録送付
昨月22日に定例幹事会を開催いたしました。

2. 補習校バザーのお知らせ共有
マイアミ補習校よりバザー開催のお知らせが届いておりますので情報共有させて頂きます。
ご興味がある方はご参加ください。

日 時:  9月14日土曜日 午前10時30分~午後1時
場 所:  Primera Iglesia Bautista de Coral Park (借用校名)
 8755 SW 16 St. Miami, FL. 33165
 校舎2階 219,220室(2Fつきあたり右手)

以上、よろしくお願いいたします。

JBAM総務
記事を友だちにメール 印刷用ページ

ハリケーン「ドリアン」の最新情報(第10報)

コミュニティー●ハリケーン「ドリアン」は、9月4日午後2時現在、フロリダ州ジャクソンビルの東約115マイル(約185キロメートル)の大西洋上を北西に時速約9マイル(約15キロメートル)の速度で進行しています。現在の勢力は、最大風速が時速105マイル(時速165キロメートル)とカテゴリー2に分類され、日本の非常に強い台風に匹敵する規模と考えられます(当館「ハリケーンの基礎知識」参照https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/files/000175712.pdf )。国立ハリケーンセンターによると、これから翌5日にかけて、フロリダ半島北東部沖合いを北東に進行する見込みです。
●現在、フロリダ州内全域でハリケーン警報は解除されています。ヴォルーシャ・ブレバード郡境からセントジョーンズ郡ポンテ・ベドラビーチにかけての州北東部沿岸地域は、ハリケーン警報から熱帯暴風雨警報(Tropical Storm Warning)に下がりましたが、同地域は、引き続き暴風雨圏内であるため、注意が必要です。加えて、ブレバード郡ポート・カナベラル以北からジョージア州境以北にかけては、高潮警報(Storm Surge Warning)が継続されており、同地域では引き続き、命を脅かす高さ・規模の高潮・洪水が予想されるため、避難等、身の安全を確保するための行動が必要となります。その他の警報・注意報の最新情報は、国立ハリケーンセンターのホームページhttps://www.nhc.noaa.gov/text/refresh/MIATCPAT5+shtml/012123.shtmlにてご確認ください。
●現在、フロリダ州内では、クレイ郡、デュバル郡、ナッソー郡、パットナム郡及びセントジョーンズ郡が沿岸部を中心に避難命令(mandatory evacuation)を発令しています。また、デュバル郡、セントジョーンズ郡及びナッソー郡が夜間帯を中心に外出禁止令(curfew)を発令しています。それ以外の地域への避難命令や自主避難勧告(voluntary evacuation)は解除された模様ですが、詳しくは、フロリダ州危機管理局(https://www.floridadisaster.org/)や各郡のホームページを直接ご確認の上、対象地域に滞在されている在留邦人や邦人旅行者の皆様におかれては、引き続き暴風雨や高潮・洪水から身を守る対策をとることをおすすめします。また、警報や避難命令等が解除された地域においても、道路等が冠水している場所では、送電線等の破断による
感電の危険がありますので、安易に立ち入らないよう十分に注意してください。
●「ドリアン」に関する過去の領事メールや広域情報は、こちらからご参照ください。http://www.miami.us.emb-japan.go.jp

【在マイアミ日本国総領事館】
Consulate General of Japan in Miami
80 S.W. 8th Street, Suite 3200, Miami, FL 33130
電話:305-530-9090 FAX:305-530-0950
代表HP:http://www.miami.us.emb-japan.go.jp
記事を友だちにメール 印刷用ページ

ハリケーン「ドリアン」の最新情報(第9報)

コミュニティー●ハリケーン「ドリアン」は、9月3日午後3時現在、フロリダ州フォートピアースの東約105マイル(約170キロメートル)の大西洋上を北西に時速約5マイル(
約7キロメートル)の速度で進行しています。現在の勢力は、最大風速が時速110マイル(時速175キロメートル)とカテゴリー2に分類され、日本の非常に強い台風に匹敵する規模と考えられます(当館「ハリケーンの基礎知識」参照https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/files/000175712.pdf )。国立ハリケーンセンターによると、これから翌4日にかけて、フロリダ半島東方沖合いを北上する見込みです。
●現在、フロリダ州内の各種警報・注意報は、パームビーチ郡ジュピター入江からセントジョーンズ郡ポンテ・ベドラビーチにかけてハリケーン警報(Hurricane Warning)が発令され、同地域ではハリケーン圏内に入ることが予想されるため、避難等の命を守るための準備を急ぐ必要があります。また高潮警報(Storm Surge Warning)がパームビーチ郡ジュピター入江から北方のジョージア州境以北まで発令され、同地域では発令後36時間にかけて、命を脅かす高さ・規模の高潮・洪水が予想されるため、同じく早急に避難等、身の安全を確保するための行動が必要となります。さらに、セントジョーンズ郡ポンテ・ベドラビーチから北方のジョージア州境以北までハリケーン注意報(Hurricane Watch)が発令されています。その他、高潮、熱帯暴風雨の
警報(Warning)や注意報(Watch)については、国立ハリケーンセンターのホームページhttps://www.nhc.noaa.gov/text/refresh/MIATCPAT5+shtml/012123.shtmlにて最新の情報をご確認ください。
●現在、ブレヴァード郡、デュバル郡、フラグラー郡、マーチン郡、ナッソー郡、パームビーチ郡、パットナム郡、セントジョーンズ郡、セントルーシー郡及びヴォルーシャ郡が沿岸部を中心に避難命令(mandatory evacuation)を発令、オキーチョビー郡、オセオラ郡及びセミノール郡が低地・沿岸部を中心に自主避難勧告(voluntary evacuation)を発令しています。なお、インディアンリバー郡の避難命令と、ヘンドリー郡及びハイランズ郡の自主避難勧告は解除されました。その他、ヴォルーシャ郡、デュバル郡、フラグラー郡及びオセオラ郡が夜間帯を中心に外出禁止令を発令しています。以上の地域では、暴風雨に伴い一部の橋や道路が封鎖されて通行できなくなることもあります。避難命令や自主避難勧告については、フロリダ州危機管
理局のホームページ(https://www.floridadisaster.org/)を確
認の上、対象地域に滞在されている在留邦人や邦人旅行者の皆様におかれては、暴風雨や高潮・洪水から身を守る対策を早目にとることをおすすめします。
●「ドリアン」に関する過去の領事メールや広域情報は、こちらからご参照ください。http://www.miami.us.emb-japan.go.jp

【在マイアミ日本国総領事館】
Consulate General of Japan in Miami
80 S.W. 8th Street, Suite 3200, Miami, FL 33130
電話:305-530-9090 FAX:305-530-0950
代表HP:http://www.miami.us.emb-japan.go.jp
記事を友だちにメール 印刷用ページ

ハリケーン「ドリアン」に伴う、警報、避難命令の発令状況(第8報)

コミュニティー●ハリケーン「ドリアン」は、9月2日午後8時現在、フロリダ州ウェストパームビーチの東約105マイル(約170キロメートル)の大西洋上バハマ島北方で、ほぼ動きが止まった状態ですが、今後、夜から翌朝にかけてゆっくりと西北西に向けて進行すると予想されます。明日9月3日(火)午前8時頃にフロリダ半島東岸に接近し、その後は海上を北上する見込みです。国立ハリケーンセンターの発表によると、その最大風速はほぼ時速140マイル(時速220キロメートル)とカテゴリー4に分類され、日本の猛烈な台風と同じレベルの脅威を持ちます。このカテゴリーのハリケーンは家屋等を全半壊させるほどの威力を持つと考えられます。(当館「ハリケーンの基礎知識」https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/files/000175712.pdf参照)。
●現在、パームビーチ郡ジュピター入江からセントジョーンズ郡ポンテ・ベドラビーチにかけてハリケーン警報(Hurricane Warning)が発令されています。同地域ではハリケーン圏内に入ることが予想されるため、避難等の命を守るための準備を急ぐ必要があります。また高潮警報(Storm Surge Warning)がパームビーチ郡ランタナからジョージア州アルタマハ・サウンドにかけて発令され、同地域では発令後36時間にかけて、命を脅かす高さ・規模の高潮・洪水が予想されるため、同じく早急に避難等、身の安全を確保するための行動が必要となります。さらに、ディアフィールドビーチの北からジュピター入江まで及びセントジョーンズ郡ポンテ・ベドラビーチの北から北方に向けサウスカロライナ州サウス・サンティーリバーまでハリケーン注
意報(Hurricane Watch)
が発令されています。この他にも、高潮、熱帯暴風雨の警報(Warning)や注意報(Watch)が広い地域で発令され始めましたので、国立ハリケーンセンターのホームページ
https://www.nhc.noaa.gov/text/refresh/MIATCPAT5+shtml/012123.shtml)にて最新の情報をご確認ください。
●現在、ブレヴァード郡、デュバル郡、フラグラー郡、インディアンリバー郡、マーチン郡、ナッソー郡、パームビーチ郡、パットナム郡、セントジョーンズ郡、セントルーシー郡及びヴォルーシャ郡が沿岸部を中心に避難命令(mandatory evacuation)を発令、グレーズ郡、ヘンドリー郡、ハイランズ郡、オキーチョビー郡、オセオラ郡及びセミノール郡が低地・沿岸部を中心に自主避難勧告(voluntary evacuation)を発令しています。なお、ヴォルーシャ郡、デュバル郡、フラグラー郡及びオセオラ郡が夜間帯を中心に外出禁止令を発令しています。以上の地域では、暴風雨に伴い一部の橋や道路が封鎖されて通行できなくなることもあります。今後、更に広い地域に避難命令や自主避難勧告が発令される可能性が高いため、フロリダ州危機管理
局のホーム
ページ(https://www.floridadisaster.org/)を確認の上、対象地域に滞在されている在留邦人や邦人旅行者の皆様におかれては、暴風雨や高潮・洪水から身を守る対策を早目にとることをおすすめします。


●米国や周辺地域における「ドリアン」に関する過去の領事メールや広域情報は「外務省海外安全ホームページ」を、ハリケーンへの備えに関しては当館HPをご参照ください。

外務省海外安全HP(米国)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_221.html#ad-image-0

当館HP「ハリケーン対策」
https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/b_000264.html


【在マイアミ日本国総領事館】
 Consulate General of Japan in Miami
 80 S.W. 8th Street, Suite 3200, Miami, FL 33130
 電話:305-530-9090 FAX:305-530-0950
 代表HP:http://www.miami.us.emb-japan.go.jp
記事を友だちにメール 印刷用ページ

ハリケーン「ドリアン」のフロリダ州接近・最新状況(第7報)

コミュニティー●ハリケーン「ドリアン」は、9月2日午後2時現在、フロリダ州ウェストパームビーチの東約105マイル(約170キロメートル)の大西洋上バハマ諸島周辺を西向きに、極めて緩い速度(毎時約2キロメートル)で進んでおり、現在予想されている進路を取れば、9月3日(火)午前8時頃にフロリダ半島東岸に接近し、その後は海上を北上する見込みです。国立ハリケーンセンターの発表によると、その最大風速はほぼ時速150マイル(時速240キロメートル)とカテゴリー4に分類され、日本の猛烈な台風と同じレベルの脅威を持ちます。このカテゴリーのハリケーンは家屋等を全半壊させるほどの威力を持つと考えられます。(当館「ハリケーンの基礎知識」https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/files/000175712.pdf参照)。
●現在、パームビーチ郡ジュピター入江からフラグラー・ヴォルーシャ郡境にかけてハリケーン警報(Harricane Warning)が発令されています。同地域ではハリケーン圏内に入ることが予想されるため、避難等の命を守るための準備を急ぐ必要があります。また高潮警報(Storm Surge Warning)がパームビーチ郡ランタナからフラグラー・ヴォルーシャ郡境にかけて発令され、同地域ではこの先の36時間にかけて、命を脅かす高さ・規模の高潮・洪水が予想されるため、同じく早急に避難等、身の安全を確保するための行動が必要となります。さらに、ディアフィールドビーチの北からジュピター入江まで及びフラグラー郡・ヴォルーシャ郡境から北方へかけてジョージア州アルタマハ・サウンドまでの沿岸地域にハリケーン注意報(Hurricane Watch)
が発令されています。この他にも、高潮、熱帯暴風雨の警報(Warning)や注意報(Watch)が広い地域で発令され始めましたので、国立ハリケーンセンターのホームページ
https://www.nhc.noaa.gov/text/refresh/MIATCPAT5+shtml/012123.shtml)にて最新の情報をご確認ください。
●現在、ブレヴァード郡、デュバル郡、フラグラー郡、インディアンリバー郡、マーチン郡、ナッソー郡、パームビーチ郡、パットナム郡、セントジョーンズ郡、セントルーシー郡及びヴォルーシャ郡が沿岸部を中心に避難命令(Mandatory)を発令、グレーズ郡、ヘンドリー郡、ハイランズ郡、オキーチョビー郡、オセオラ郡及びセミノール郡が低地・沿岸部を中心に自主避難勧告(Voluntary/Phased)を発令しています。なお、ヴォルーシャ郡、デュバル郡、フラグラー郡及びオセオラ郡が夜間帯を中心に外出禁止令を発令しています。以上の地域では、暴風雨に伴い一部の橋や道路が封鎖されて通行できなくなることもあります。今後、更に広い地域に避難命令や自主避難勧告が発令される可能性が高いため、フロリダ州危機管理局のホーム
ページ(https://www.floridadisaster.org/)を確認の上、対象地域に滞在されている在留邦人や邦人旅行者の皆様におかれては、暴風雨や高潮・洪水から身を守る対策を早目にとることをおすすめします。
●避難等に際して、宿泊施設や交通手段の手配等でお困りの方は、必要に応じて下記日本語対応が可能な旅行代理店の情報をご参照ください。

 
記事を友だちにメール 印刷用ページ

ハリケーン「ドリアン」に伴う、警報、避難命令等の発令状況(第6報)

コミュニティー●ハリケーン「ドリアン」は、9月1日午後5時現在、依然としてカテゴリー5の勢力を保ち、フロリダ半島東岸に向けて大西洋上バハマ諸島周辺を緩い速度で西進中であり、9月3日(火)未明から早朝にかけてフロリダ半島に最も接近する見込みです。
●1日午後以降、パームビーチ郡ジュピター入江からヴォルーシャ・ブレヴァード郡境にかけてハリケーン警報(Harricane Warning)が発令されました。同地域ではハリケーン圏内に入ることが予想されるため、避難等の命を守るための準備を急ぐ必要があります。また高潮警報(Storm Surge Warning)がパームビーチ郡ランタナからヴォルーシャ・ブレヴァード郡境にかけて発令され、同地域ではこの先の36時間にかけて、命を脅かす高さ・規模の高潮・洪水が予想されるため、同じく早急に避難等、身の安全を確保するための行動が必要となります。さらに、ディアフィールドビーチの北からジュピターまで、及びヴォルーシャ郡・ブレヴァード郡の境界からフラグラー郡・ヴォルシャー郡の境界までの沿岸地域にハリケーン注意報(Hurricane Watch)
が発令されています。この他にもハリケーン、高潮、熱帯暴風雨の警報(Warning)や注意報(Watch)が徐々に広い地域で発令され始めましたので、国立ハリケーンセンターのホームペー
https://www.nhc.noaa.gov/text/refresh/MIATCPAT5+shtml/012123.shtml)にて最新の情報をご確認ください。
●現在、パームビーチ郡、マーチン郡、セントルーシー郡、ブレヴァード郡、ヴォルーシャ郡、デュバル郡、ナッソー郡及びセントジョーンズ郡が沿岸部を中心に避難命令(Mandatory)を発令、オセオラ郡、グレーズ郡、ヘンドリー郡、ハイランズ郡、インディアンリバー郡、オキーチョビー郡及びナッソー郡が低地・沿岸部を中心に自主避難勧告(Voluntary/Phased)を発令しています。今後、更に広い地域に避難命令や自主避難勧告が発令される可能性が高いため、フロリダ州危機管理局のホームページ(https://www.floridadisaster.org/)を確認の上、対象地域に滞在されている在留邦人や邦人旅行者の皆様におかれては、暴風雨や高潮・洪水から身を守る対策を早目にとることをおすすめします。

米国や周辺地域における「ドリアン」に関する過去の領事メールや広域情報は「外務省海外安全ホームページ」を、ハリケーンへの備えに関しては当館HPをご参照ください。

外務省海外安全HP(米国)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_221.html#ad-image-0

当館HP「ハリケーン対策」
https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/b_000264.html


【在マイアミ日本国総領事館】
 Consulate General of Japan in Miami
 80 S.W. 8th Street, Suite 3200, Miami, FL 33130
 電話:305-530-9090 FAX:305-530-0950
 代表HP:http://www.miami.us.emb-japan.go.jp
記事を友だちにメール 印刷用ページ

「ドリアン」が最大級カテゴリー5に発達してフロリダ半島に接近中(第5報)

コミュニティー●ハリケーン「ドリアン」は、9月1日午前8時現在、フロリダ半島の東約300キロメートルの大西洋上バハマ諸島周辺を西向きに緩い速度で進んでおり、現在予想されている進路を取れば、9月3日(火)未明から早朝にかけてフロリダ半島東岸に最も接近する見込みです。国立ハリケーンセンターの発表によると、その最大風速はほぼ時速180マイル(時速285キロメートル)に達し、分類上最大の脅威を持つカテゴリー5に位置付けられます。このカテゴリーのハリケーンは家屋等を全壊させるほどの威力を持つと考えられます。(当館「ハリケーンの基礎知識」https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/files/000175712.pdf参照)。
●現在、フロリダ州東岸ディアフィールドビーチの北からヴォルーシャ郡・ブレヴァード郡の境界までの地域にハリケーン注意報(Hurricane Watch)と高潮注意報(Storm Surge Watch)が出ています。前者は48時間以内に戸外での準備が困難または危険となる可能性のあること、後者は48時間以内に命を脅かす高波や洪水が起こる可能性のあることを意味します。また、それ以外の複数地域にも熱帯暴風雨警報(Tropical Storm Warning)等が出ています(https://www.nhc.noaa.gov/参照)。
●現在、マーチン郡とパームビーチ郡の沿岸部を中心に避難命令(Mandatory)が発令、オセオラ郡、グレーズ郡、ヘンドリー郡、ハイランズ郡、インディアンリバー郡、オキーチョビー郡の沿岸部を中心に対して自主避難勧告(Voluntary/Phased)が発令されています。(https://www.floridadisaster.org/参照)対象地域に滞在されている在留邦人や邦人旅行者の皆様におかれては、暴風雨や高潮から身を守る対策を早目にとることをおすすめします。
●避難等に際して、宿泊施設や交通手段の手配等でお困りの方は、必要に応じて下記日本語対応が可能な旅行代理店の情報をご参照ください。

【オーランド旅行代理店リスト】(※五十音順)

会社名:IACEトラベル オーランド支店
電 話:(407) 351-9999
メール:mco@iace-usa.com

会社名:アクトアメリカ
電 話:(407) 352-7765
メール:info@actamerica.com

会社名:インスパイア インク(オーランドベストガイド)
電 話:(407) 341-4909
メール:sugiura@orlandobestguide.com

会社名:エイチ・アイ・エス オーランド支店
電 話:(407) 351-4776
メール:all.mco@his-world.com

会社名:キャラバン セライ オーランド インク
電 話:(407) 370-0131
メール:info@caravanline.com

会社名:ジェイティービーUSA オーランド営業所
電 話:(800) 223-6104
メール:Reservation@jtbusa.com

会社名:ジャパン アメリカン ツアーズ インク
電 話:(407)352-7664
メール:go@japanamericantours.com

会社名:ジャパン・フロリダ・グループ・インク
電 話:(407) 281-0775
メール:minorikojima@gmail.com

会社名:日本総合ツアーズ
電 話:(407) 370-5071
メール:info@nipponsogo.com

会社名:ミッキーネット
電 話:(888)448-7727
メール:information@mickeynet.com

※なお、オーランド・ディズニーリゾート内のホテルに直接電話をお掛けの場合、通話口で“ジャパニーズ プリーズ”と伝えると日本語通訳に転送されるサービスも利用できます。また、オーランド周辺地域にハリケーンの避難命令が発令された場合、同地「Clarion inn Lake Buena Vista, A Rosen Hotel」ホテルの緊急対応回線:(407)238-1042 では、日本人スタッフが旅行者の宿泊相談に対応するとのことです

【マイアミ旅行代理店リスト】(※五十音順)

会社名:アムネット マイアミ
電 話:(305) 461-2822
メール:nipponsogo@amnetmiami.com

会社名:ジェイティービーUSA マイアミ支店  
電 話:(800) 223-6104
メール:Reservation@jtbusa.com

会社名:日本総合ツアーズ
電 話:(305) 448-8388
メール:nstmia@nipponsogo.com

●引き続き、下記URLからハリケーン「ドリアン」の進路や勢力、避難勧告等の関連情報を入手し、停電や断水に備えて最低1週間分の飲食料、携帯電話の予備充電池等を確実に準備しておくことをおすすめします。「ハリケーンへの備え・チェックリスト」はこちらをご参照ください。(https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/files/000409728.pdf

米国や周辺地域における「ドリアン」に関する過去の領事メールや広域情報は「外務省海外安全ホームページ」を、ハリケーンへの備えに関しては当館HPをご参照ください。
外務省海外安全HP(米国)

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_221.html#ad-image-0

当館HP「ハリケーン対策」
https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/b_000264.html


【在マイアミ日本国総領事館】
 Consulate General of Japan in Miami
 80 S.W. 8th Street, Suite 3200, Miami, FL 33130
 電話:305-530-9090 FAX:305-530-0950
 代表HP:http://www.miami.us.emb-japan.go.jp
記事を友だちにメール 印刷用ページ

「ドリアン」接近に伴う避難命令の発令状況(第4報)(訂正)

コミュニティー「「ドリアン」接近に伴う避難命令の発令状況(第4報)」を以下のとおり訂正します。

●ハリケーン「ドリアン」は、8月31日午前11時現在、大西洋上バハマ諸島沖東方(現在地:フロリダ半島東海岸まで約400キロメートル付近)を西に緩い速度で進行しており、9月3日(火)未明から早朝にかけてフロリダ半島東沿岸地域に最接近する見込みであり、カテゴリー4クラスの勢力に発達しています。
●フロリダ半島への最接近まで3日を切り、31日午前の段階で、通過進路に近いブレバード郡(ケネディ宇宙センター等が所在する地域)に対して避難命令(Mandatory)が発令され、他にも周辺4郡に対して自主避難指示(Voluntary/Phased)が発令され始めました。https://www.floridadisaster.org/info/明日以降は、さらに広域に対して同様の避難命令が発令される見込みです。
●引き続き、下記URLからハリケーン「ドリアン」の進路や勢力、避難勧告等の関連情報を入手し、停電や断水に備えて最低1週間分の飲食料、携帯電話の予備充電池等を確実に準備しておくことをおすすめします。「ハリケーンへの備え・チェックリスト」はこちらをご参照ください。https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/files/000409728.pdf

「ドリアン」に関する過去の領事メールや、ハリケーンへの備えに関しては、以下当館HPをご参照ください。また「外務省海外安全ホームページ」にはフロリダ州以外の地域の情報も掲載中です。

当館HP「ハリケーン対策」
https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/b_000264.html

外務省海外安全HP(米国)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_221.html#ad-image-0


【在マイアミ日本国総領事館】
 Consulate General of Japan in Miami
 80 S.W. 8th Street, Suite 3200, Miami, FL 33130
 電話:305-530-9090 FAX:305-530-0950
 代表HP:http://www.miami.us.emb-japan.go.jp
記事を友だちにメール 印刷用ページ

「ドリアン」接近に伴う避難命令の発令状況(第4報)

コミュニティー●ハリケーン「ドリアン」は、8月31日午前11時現在、大西洋上バハマ諸島沖東方(現在地:フロリダ半島東海岸まで約400キロメートル付近)を西に緩い速度で進行しており、9月3日(火)未明から早朝にかけてフロリダ半島東沿岸地域に最接近する見込みです。依然として大きな勢力を維持しており、今後カテゴリー3以上に発達するとみられています。
●フロリダ半島への最接近まで3日を切り、現時点で通過進路に近いブレバード郡(ケネディ宇宙センター等が所在する地域)に対して避難命令(Mandatory)が発令され、他にも周辺4郡に対して自主避難指示(Voluntary/Phased)が発令され始めました。https://www.floridadisaster.org/info/明日以降は、さらに広域に対して同様の避難命令が発令される見込みです。
●引き続き、下記URLからハリケーン「ドリアン」の進路や勢力、避難勧告等の関連情報を入手し、停電や断水に備えて最低1週間分の飲食料、携帯電話の予備充電池等を確実に準備しておくことをおすすめします。「ハリケーンへの備え・チェックリスト」はこちらをご参照ください。https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/files/000409728.pdf

「ドリアン」に関する過去の領事メールや、ハリケーンへの備えに関しては、以下当館HPをご参照ください。また「外務省海外安全ホームページ」にはフロリダ州以外の地域の情報も掲載中です。

当館HP「ハリケーン対策」
https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/b_000264.html

外務省海外安全HP(米国)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_221.html#ad-image-0


【在マイアミ日本国総領事館】
 Consulate General of Japan in Miami
 80 S.W. 8th Street, Suite 3200, Miami, FL 33130
 電話:305-530-9090 FAX:305-530-0950
 代表HP:http://www.miami.us.emb-japan.go.jp

商工会入会に関して


マイアミ商工会へご入会をご希望の方は、下記の入会申し込みに関して、の内容をまずご覧下さい。その上でご入会を希望される方、

または退会を希望される方は、下記の入会/退会届フォームに必要事項をご記入の上、shinsei@jbamiami.org のメールアドレスまでご送付下さい。法人会員用入会/退会、個人会員用入会/退会の4つのフォームをご用意しておりますので

記入するフォームをお間違えのない様お願い致します。

入会申し込みに関して
入会/退会届けフォーム

本件、ご質問、ご要望等ございましたら上記メールアドレスまでお気軽にお問い合わせ下さい。

最初 | 前へ | 1 234567| 次へ | 最後